ホーム > 事業内容 > 海洋石油・ガス開発業界について > ガス開発の展望 > GTLとは


事業内容

GTLとは

LNGやLPGは、メタン、エタン、プロパン、ブタンを構成する炭素(C)と水素(H)の結合を変えずに、物理学的特性を用いて、温度や圧力を操作することによって気体を液化したものです。一方GTL(Gas to Liquid)は、化学反応で炭素(C)と水素(H)の結合を一度分解し、再結合する際に常温常圧で液体となる炭素(C)と水素(H)の化合物を合成する技術です。

GTLのしくみ



TOP