ホーム > 事業内容 > 海洋石油・ガス開発業界について > 石油は枯渇しない


事業内容

石油は枯渇しない

可採埋蔵量とはあくまでも経済的な概念

地球上に存在する原油の絶対埋蔵量のうち、採算が取れると判断された油田の埋蔵量が「可採埋蔵量」であり、この可採埋蔵量を1年間の石油生産量で割ったものが「可採年数」です。「可採年数はあと30年」と聞くと30年後には石油がなくなってしまうのではと心配される方がいますが、可採埋蔵量とはあくまでも経済的概念であり、石油・ガスを探し出す探査・探鉱の技術や、当社が手掛けるFPSOやTLPに代表される生産技術が進歩して開発コストが下がれば、石油の可採埋蔵量は今後も増加します。

過去の40年間のデータでは可採年数は常に30〜40年前後を維持しており、今後も同様の推移が予測されます。

世界の原油確認埋蔵量・可採年数の推移