ホーム > 事業内容 > FPSO/ FSOとは > FPSO/FSOの概要


事業内容

FPSO/FSOの概要

FPSO/FSOは固定式のプラットフォームに代わる新しい海洋油田生産方式として、1970年代から使用されるようになった技術です。

FPSO

FPSO(Floating Production, Storage and Offloading system: 浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備)は、洋上で石油・ガスを生産し、生産した原油を設備内のタンクに貯蔵して、直接輸送タンカーへの積出を行う設備です。FPSOは浮体式の海洋石油・ガス生産設備の6割以上を占める最もポピュラーな生産設備で、現在世界で約170基のFPSOが稼動しています。

FSO

FSO(Floating Storage and Offloading system: 浮体式海洋石油・ガス貯蔵積出設備)は、石油・ガスの生産を行なう設備を持たない、洋上での貯蔵・積出専用の設備です。FSOは生産設備(固定式の生産設備、TLPのような貯蔵設備を持たない浮体式の生産設備、あるいは陸上の生産設備)で生産された原油を受け入れて設備内のタンクに貯蔵し、輸送タンカーへ積出を行う設備です。現在世界で約100基のFSOが稼動しています。

FPSOの概念図

なぜFPSOなのか?

固定式プラットフォームと比較してFPSOには以下のようなメリットがあり、海洋での石油生産の主流になっています。

  FPSO 固定式プラットフォーム
水深 あらゆる水深に適用可能 300mが限界
海象条件 厳しい海象条件に対応 海象条件に比例して コストが高くなる
パイプライン 遠隔、離岸、既存の施設から離れた
油田 の開発 (パイプラインが不要)
パイプラインが必要
生産開始までの期間 海洋での工事が少なく
早期生産開始が可能
海洋での工事が多いため
生産開始に時間がかかる
設備の移動、再利用 設備の移動、再利用が可能 設備のリサイクルは不可能、
撤去には莫大なコストがかかる