ホーム > 事業内容 > FPSO/ FSOとは > 生産設備


事業内容

生産設備

生産設備(Production Facility)はプロセス(Process)、トップサイド(Topside)などとも呼ばれ、油処理設備、ガス処理設備(ガスを油層に再圧入するためのガス・コンプレッサー等)、水処理設備、発電設備、コントロール・システムを主要な機器として船上に設置されます。

油、ガス、水を分離するプロダクション・セパレーターの概念図

海底の井戸元から生産されるフルイド(Fluid)と呼ばれる油層流体は、通常ガスや水その他の不純物を含んでいるため、プロダクション・セパレーター(油層流体セパレーター)と呼ばれる圧力容器で、原油、ガス、随伴水等に分離します。分離された原油は船腹の貯油タンクに貯蔵され、定期的に配船される輸送タンカーに積み出されます。

造船所でFPSOに生産設備を搭載する様子

FPSOで生産された原油を受け取りに来た輸送タンカー

分離されたガスは、海底パイプラインで陸上へ輸送されたり、FPSOのボイラー燃料やガスエンジン燃料として利用される他、二次回収(EOR: Enhanced Oil Recovery)用または環境保護対策として坑井内や油層に再圧入されます。余剰ガスは焼却処理されるケースが大半でしたが、当社はGTLプラントをFPSO上に搭載して随伴ガスを液化して利用する技術の開発を進めています。GTL技術に関する詳しい情報は下記ページをご覧ください。

事業内容 > 海洋石油・ガス開発業界について > ガス開発の展望 > GTLとは

分離された随伴水は、含有油分を領海の規定油分濃度以下になるよう油水分離処理され、船外に排出されたり、環境に与える影響を最小限にするために海底の油層に圧入されます。

FPSO上での石油・ガス生産活動が環境に与える影響を最小限にするために当社が行っている対策については下記ページをご覧ください。

会社情報 > CSR > 環境保護への取り組みについて