ホーム > 事業内容 > TLPとは > ドライ・コンプリーション


事業内容

ドライ・コンプリーション

TLPは揺れの少ない特徴を利用して、海底の井戸を制御するウェルヘッド(Well Head)と呼ばれる坑口装置(水道の蛇口のような機能)を海面上に設置することが可能です。

海面上に坑口装置を設置することをドライ・コンプリーション(Dry Completion)と呼びます。これにより1,000m超の深海油田でも陸上油田と同じ手法で井戸の管理とメンテナンスを容易に行なうことが出来ます。

ドライ・コンプリーションに対し、海底面に坑口装置を設置することをサブシー・コンプリーション(Subsea Completion)またはウェット・コンプリーション(Wet Completion)と呼びます。ドライ・コンプリーションに比べて初期開発費用は抑えられますが、井戸に不具合があった場合には海底にある坑口装置の修復作業を行う専用の作業船をチャーターする必要が生じるため、メンテナンスに多額の費用を要します。

TLPは上部構造物上に石油・ガス生産設備(Production Facility)を搭載して、原油・ガスを生産するプロダクション・プラットフォーム(Production Platform)として使用されるケースが大半です。この場合、TLPには生産設備の他に掘削装置や発電機等のユーティリティ用の設備、消火装置、救命艇等の安全設備、ヘリコプター・デッキ、オペレーターの居住設備等が設置されます。

TLPは貯油設備を持たない構造であるため、貯蔵積出機能を有するFSOと併用したり、パイプラインに接続して生産した原油・ガスを送ります。

TLPを坑口装置を海面上に設置するウェルヘッド・プラットフォーム(Well Head Platform)として専用に使用する場合は、生産設備を持つFPSOやセミサブと併用されます。

Marco Polo TLP(メキシコ湾)