ホーム > 事業内容 > TLPとは > TLPの概要


事業内容

TLPの概要

大水深海域(水深1,000m超)の開発に適したTLP(Tension Leg Platform : 緊張係留式プラットフォーム)についてご紹介します。

TLPとは

TLP(Tension Leg Platform: 緊張係留式プラットフォーム)は、強制的に半潜水させた浮体構造物と海底に打設した基礎杭とをテンドンと呼ばれる鋼管で接続し、強制浮力によって生じる緊張力(Tension)を利用して係留される洋上プラットフォームです。

TLPの浮体構造物は、作業台となる上部構造物、浮力体となる下部構造物及び両構造物を連結するコラム(Column)と呼ばれる1本ないしは複数の支柱で構成され、下部構造物の外側に張り出した部分でテンドン(Tendon)と接続されます。

浮体構造物には常時垂直方向に対して1,000トン超の強い力がかかるため、TLPは水平・垂直方向への動揺が小さな範囲にとどまり、台風等の悪天候の海象条件でも安定した状態を確保することができます。

TLPは1980年代から使用されるようになった大水深海域(水深1,000m超)の開発に適した海洋石油・ガス生産設備です。現在メキシコ湾を中心に世界で約20基のTLPが稼動しています。

TLPの特徴

TLPの概念図

  • 大水深の開発に適用
  • 厳しい海気象条件に対応
  • 揺れが少ない
  • 坑口装置を海面上に設置可能

TLPが揺れにくい理由

風船の糸を持って水中に沈めると、上に向かおうとする風船の浮力と糸を引く下へ向かう力によって糸は強く張り、半分沈んだ風船は動きにくくなります。

TLPの係留のしくみもこれと同じです。強制的に沈められたTLPの船体(=風船)の浮力が上に向かおうとする一方、テンドン(=風船の糸)が船体を下へ引っ張る力が働き、垂直方向に対して強い力がかかります。この力がTLPを厳しい海象条件下でも揺れにくくしています。

TLPが揺れにくい理由