ホーム > 事業内容 > FSRWP®とは > FSRWP®の概要


事業内容

FSRWP®の概要

FSRWP®は、活発化するLNGの大陸間取引を受け需要が高まる浮体式LNG受け入れ基地であるFSRU(Floating Storage & Regasification Unit: 浮体式LNG貯蔵・再ガス化設備)の機能を拡充したコンセプトとも言え、本土からの送電線網が整備されていない島嶼(とうしょ)部を多く有する国や、電力需要が高く耕作地向けの水が必要な開発途上国などでの需要が見込まれます。

  1. 3つのバリエーション展開:浮体式発電兼造水設備であるFSRWP®に加え、発電専用のFSR-Power®(Floating Storage, Regasification & Power-Generation:浮体式LNG貯蔵再ガス化発電設備)ならびに造水専用のFSR-Water®(Floating Storage, Regasification & Water-Desalination:浮体式LNG貯蔵再ガス化淡水化設備)を開発
  2. 想定能力:発電出力 最大1,000MW、造水能力最大日量400,000m3、LNG貯蔵能力 最大180,000m3
  3. 同様の機能を有する陸上施設との比較で低コスト、短納期(受注から18-24ヶ月)を実現できるほか、環境規制にも柔軟に対応
  4. クリーンなエネルギーであるLNGを用いた発電による二酸化炭素排出量の低減
  5. 再生可能エネルギーが持つ電力供給の不安定さを補完するための用途にも最適
  6. 発電・淡水化プロジェクト完了後、ロケーションの異なる別プロジェクトへの再利用が容易

FSR-Water® - Large

FSR-Power® - Large

FSRWP® - Large

* 「FSRWP」「FSR-Power」「FSR-Water」は、三井海洋開発株式会社(MODEC, Inc.)の登録商標です。



TOP