ホーム > ニュース > 2007年のニュース > 2007年3月19日


ニュース

2007年のニュース

2007年OTCが当社の論文を表彰

2007年3月19日

本年4月30日から5月3日に米国テキサス州ヒューストンで開催されるOTC(Offshore Technology Conference) において、SSIP(Self Stable Integrated Platform)と呼ばれるデザインのTLP(Tension Leg Platform:緊張係留式プラットフォーム)に関する当社の論文が「2007 SPOTLIGHT」の賞を受賞することが決定しました。この賞は海洋石油・ガス開発業界における画期的な技術に対してOTCから授与されるものです。

TLPとは強制的に半潜水させた浮体構造物と海底に打設した基礎杭とをテンドンと呼ばれる鋼管で接続し、強制浮力によって生じる緊張力(Tension)を利用して係留される洋上プラットフォームです。TLPは固定式プラットフォームの使用が困難な大水深海域の開発に適した海洋石油・ガス生産設備で、現在メキシコ湾を中心に世界で約20基のTLPが稼動しています。

従来のTLPは、沖合の現場で浮体部分とデッキ部分の組立工事を行います。一方、SSIPのデザインで設計されたTLPは、浮体部分とデッキ部分を造船所において一体組立できる構造となっています。これにより現地据付工事にかかるコストの軽減と工期の短縮が実現しました。当社が2004年に受注し、2006年に客先に引渡した2基のTLPプロジェクト(Amerada Hess社向けOveng TLPおよびOkume/Ebano TLP)では、このSSIPの技術が用いられました。

今回受賞した論文(英文)はこちらからダウンロードできます。

OTC(Offshore Technology Conference)とは:

OTCは毎年4月下旬〜5月上旬にヒューストンで開催される海洋石油・ガス業界最大のイベントです。本年のOTCは4月30日から5月3日までヒューストンのReliant Parkで開催され、6万人以上の入場者が予想されています。当社は子会社のSOFEC社と共同でブースを出展します。

関連プロジェクト