ホーム > ニュース > 2020年のニュース > 2020年4月21日


ニュース

2020年のニュース

当社グループ発行のプロジェクトボンドが米Marine Money誌の「Offshore Deal of the Year 2019」を受賞

(PDF 554KB)

2020年4月21日

三井海洋開発株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:香西勇治)は、FPSO (Floating Production, Storage & Offloading system:浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備)のチャーター事業にかかわる資金調達基盤の多様化戦略の一環として、FPSOチャーター事業1件について、2019年8月に関連会社にてプロジェクトボンド(以下、「本プロジェクトボンド」)を発行致しましたが、このほど本プロジェクトボンドが米国の金融業界有力誌であるMarine Money誌が決定する「Offshore Deal of the Year 2019」のイノベーション部門を受賞しましたことをお知らせ致します。

本プロジェクトボンドは、ブラジル連邦共和国の国営石油会社であるPetróleo Brasileiro S.A. (以下「ペトロブラス社」、本社リオデジャネイロ市)がオペレーターを務めるブラジル沖合プレソルト層Iracema Sul(イラセマ・スル、旧Cernambi Sul(セルナンビ・スル))鉱区開発用FPSOである"FPSO Cidade de Mangaratiba MV24"の長期チャーター事業に対して、当社関連会社のMV24 Capital B.V.により発行されました。欧米を中心とした海外の幅広い投資家層に販売された本プロジェクトボンドには、11億米ドル(邦貨換算約1,166億円@106円)というメガボンドであるにもかかわらず、募集金額の約2倍の応募がありました。また、プロジェクトボンドの発行において当該プロジェクトの客先の格付を上回る事例は非常に稀でありますが、本プロジェクトボンドは、ペトロブラス社の格付(BB-)を1ノッチ上回る格付を取得しました。これらの事実は、当社グループのFPSO事業におけるアセットマネジメント能力と、オペレーション能力に高い評価を得た結果であると考えております。

Marine Money誌は、新たな資金調達手法を確立し、且つより幅広い業界において以後の模範とされる金融取引を「Offshore Deal of the Year」として選定しています。Marine Money誌は、全世界の中長期的な資源エネルギー開発においては、本プロジェクトボンドのように新たな資金源を革新的な視点で追求することが重要であると評価し、FPSO事業に対する世界で初めての公募上場インフラプロジェクトボンドである本プロジェクトボンドを、「Offshore Deal of the Year 2019」に選定しました。

当社は、今後も競争力の源泉のひとつであるファイナンス組成能力をさらに強化し、将来の成長に必要な資金を機動的に調達できる体制を構築することで、FPSO業界における確固たる地位を築いてまいります。

関連プレスリリース

 2019年8月15日: FPSOチャーター事業にかかわるプロジェクトボンド発行について

img_20200421_pr_MV24_001.jpg

img_20200421_pr_MV24_002.jpg

稼働中の"FPSO Cidade de Mangaratiba MV24"