採用情報TOP > 社員インタビュー >


社員インタビュー

同じポジションを何十年も続けていても気付けないことを、自らの体験をもって学んでいける点がMODECで働いていて面白いところかと思います。

  • 九州大学大学院
  • 総合理工学府 先端エネルギー理工学専攻
  • 2015年4月 入社(新卒採用)
  • EPCI - 機械

経験部署・参加プロジェクト

2015.04 - 2016.08 入札案件の基本設計
2016.08 - 2017.03 オペレーションチーム
2017.03 - 2017.12 入札案件の基本設計
2017.12 - 2018.03 エンジニアリング及びオフショアでの機器据付
2018.03 - 現在 エンジニアリング

FPSOの格好良さ、ビジネスモデルの特異性

船の上に石油生産設備を搭載するという近未来的なものが既に世の中に存在していることに驚き、かつ世界的にも業界をリードしている会社だということで、もしこの企業で働けたら人生面白いだろうなと思ったのが入社動機の一つです。

また、陸上にある大規模な設備を海に浮かべて20年以上操業するという技術・知見は、石油生産設備だけではなく、違う分野でも応用が利くと思い、「石油はいつかなくなる」と言われ続けている本業界で働くことに対して、全く将来の不安はありませんでした。現にMODECではFSRWP®というFPSOとは違う客層をターゲットにした浮体式設備を開発しました。今後とも、世の中を変える技術開発に関われることを誇りに思っています。

パッケージエンジニア

パッケージエンジニアと聞くと、梱包でも作っているのかと思うかもしれませんが、全く違います。FPSO等の生産設備上で使用する機器各々をパッケージと呼び、その仕様設計から、購入、検品、納入、据付までを面倒見るのが仕事内容です。実際には、各Phaseにスペシャリストが居て各業務を遂行しているのですが、パッケージエンジニアは一貫して面倒を見て、各Phaseを移行するときに情報の抜け漏れがないようにコーディネートする仕事です。

規模は小さいですが、一種のプロジェクトマネージャーとも呼んで良いかと思います。専門外の情報も入ってくるので勉強も大変ですが、物ができていく過程を細かく知ることができるので、面白いポジションだと思います。

はじめての現場監督

あるベトナムの案件で機器据え付けの現場監督を任されたことがあり、そのときの反省から徹底的な準備と多角的なものの見方が重要だと気付かされました。

スケジュール管理から作業内容の指示、必要な工具の手配等、私なりに尽力しましたが、工事が始まると次から次に準備不足、経験不足が露呈してきます。一度、図面の数値の見落としから据付にハイトルクの特殊工具が必要であると現場で分かり、工具調達のために色々な人たちに迷惑をかけてしまい、反省しました。ただ、上司からは「準備不足を反省するのではなく、まず、その数値が本当に正しいのか気付けなかったことを反省すべき」と助言を頂き、自身が現場監督+エンジニアでもあることを喚起させられました。あとから、その数値は過剰設計であることが分かったので、エンジニア的なセンスから早く疑問符を持っていれば、そもそも特殊工具は不要だったという事案でした。

このように、現場監督をしながらエンジニアリングのセンスを培ったり、一方でエンジニアとして働いているときは現場作業で学んだ経験を活かしたりするなど、同じポジションを何十年も続けていても気付けないことを、自らの体験をもって学んでいける点がMODECで働いていて面白いところかと思います。

日本企業らしさの浸透

一度、外国人の同僚から「入社前は日本企業で働けることがすごく楽しみだった、だけど実態は他の外国企業と大して変わらない」と言われたことがあります。総従業員数4,000人超で一割弱しか日本人が居ない企業ですので、そうなってしまうのも致し方ありませんが、この話を聞いたとき、MODECの独特なカルチャーに面白さを感じた反面、その同僚が胸を張って日本企業で働いていると言える環境にしたいと感じました。

「日本企業らしさ」が全て正しいとも思いませんが、設計のクオリティーや適切な設備保全作業など日本企業として誇れるレベルへと強化し、いつかMODECで働く外国人社員の全員が日本企業で働いているという意識を持って、ジャパンクオリティーを自ら磨いていく様な環境にできるよう提案していきたいと思います。日本人である私自らがお手本となれるよう、適切な知識と経験を身に着けていくことが現在の目標です。

学生のみなさんへ

就職活動は人生で初めての正解の分からない難関かもしれません。周りの人と比べたり、色々な話を聞いたりして興味が湧いたり、逆に冷めてしまったりすることもあると思います。ただ、最終的には自分の判断かと思うので、自分が面白そうと感じるのであれば間違いはないですし、後悔も無いと思います。頑張ってください。




TOP