ホーム > プロジェクト・実績 > FPSO/FSOのプロジェクト > FPSO Prof. John Evans Atta Mills


FPSO Prof. John Evans Atta Mills

ガーナ共和国前大統領のジョン・エバンズ・アッタ・ミルズ氏にちなんで “FPSO Prof. John Evans Atta Mills”と命名された本FPSOは、Tullow Oil 社がAnadarko Petroleum Corporation、Kosmos Energy、Ghana National Petroleum Corporation (GNPC)及びPetro SAと組む5社コンソーシアムが保有するガーナ沖 Deepwater Tano 鉱区にあるTEN (Tweneboa, Enyenra, Ntomme) 油田の開発に用いられるFPSOです。

本FPSOは中古VLCCタンカーを改造したもので、当社子会社であるSOFEC Inc. が設計したExternal Turret(エクスターナル・タレット)と呼ばれる係留設備で、水深約1,500mの海上に係留されています。当社はエンジニアリングから設計、機器購入、建造、据付までの一括工事を行いました。

本FPSOは、三井物産株式会社、株式会社商船三井、丸紅株式会社及び三井造船株式会社がそれぞれ出資する当社グループ会社が保有し、10年(その後1年毎×10回の延長オプションあり)のチャーターサービスに供されます。

本FPSOは、Jubilee鉱区にてガーナ沖に設置される初めてのFPSOとして2010年に石油生産を開始したFPSO Kwame Nkrumah MV21に続き、当社がTullow Oil社より連続受注したもので、ガーナ沖油田向けとしても2基目のFPSOとなります。

用語解説

名称 FPSO Prof. John Evans Atta Mills
契約形態 建造工事 + チャーター
生産開始 2016年 8月
チャーター期間 10年(1年毎×10回の延長オプションあり)
客先 Tullow Ghana Ltd.
現状 稼働中
海域 TEN(Tweneboa, Enyenra, Ntomme) フィールド
所在国 ガーナ
水深 1,500 m
新造/改造 改造
係留設備 SOFEC External Turret
貯油能力 1,700,000 bbls
原油生産量 80,000 bopd
ガス生産量 180 mmscfd