ホーム > プロジェクト・実績 > プロジェクト一覧 > FPSO Whakaaropai


プロジェクト・実績

previous

FPSO Whakaaropai

撤去済

EPCI

FPSO Whakaaropai

用語解説

Maui Bフィールドはニュージーランド・北島オプナケ沖合約50 km(水深110 m)に位置します。

南極海からうねりのある大波が常に押し寄せるMaui Bフィールドは、海気象条件上、北海に匹敵する厳しい海域であり、当時FPSO設置の限界に近いと言われました。この厳しい海気象条件に耐えるため、係留装置には強固なサポート構造を備えたExternal Turret(エクスターナル・タレット)を採用しました。

FPSO Whakaaropaiはニュージーランドで初めて設置されたFPSOです。本プロジェクトの設計並びに施工にあたりShell社から厳しい安全基準を要求されましたが、当社はこれをクリアし無事完工にいたりました。

当社はエンジニアリングから機器購入、建造、据付までの一括工事を提供しました。

FPSO Whakaaropaiは1996年10月の生産開始以来順調に操業を続け、2006年にフィールドから撤去されました。

名称 : FPSO Whakaaropai
海域・フィールド名 : Maui B Field
所在国 : New Zealand
水深 : 110 m (361 ft)
係留設備 : SOFEC External Turret
貯油能力 : 750,000 bbls
原油生産量 : 31,000 bopd
ガス生産量 : 27 mmscfd
水日産量 : 14,000 bwpd
新造 / 改造 : 改造
クライアント : Shell Todd Oil Services Ltd.
契約形態 : 建造工事(売切り)
サービス内容 : 設計、資材調達、建造、据付、試運転
生産開始 : 1996年10月
現状 : 撤去済


TOP