ホーム > プロジェクト・実績 > プロジェクト一覧 > FSO Ailsa


プロジェクト・実績

previous
previous

FSO Ailsa

引渡済

EPC-Delivered

FSO Ailsa

FSO Ailsaは、アバディーン沖合約233km沖合に位置する英領北海Culzean(カリーン)鉱区開発用の新造FSOです。本プロジェクトは固定式生産設備にて生産されるコンデンセート をFSOに貯蔵し、定期的にシャトルタンカーに積み出すものです。

日量2万5千バレルのコンデンセート受入能力、43万バレルの貯蔵能力を持つ本FSOは、当社米国子会社のSOFEC, Inc. 社が設計・建造したInternal Turret (インターナル・タレット)と呼ばれる係留装置で、水深約90mの海上に係留されています。

当社は本FSOのエンジニアリングから機器購入、建造、試運転までの工事を一括して請け負い、2018年6月に客先への引き渡しを行いました。

本FSOは当社にとって北海における初めてのプロジェクトとなります。

名称 : FSO Ailsa
海域・フィールド名 : Culzean Field
所在国 : UK (North Sea)
水深 : 90 m (295 ft)
係留設備 : SOFEC Internal Turret
貯油能力 : 430,000 bbls
原油受入能力 : 25,000 bopd Inlet
新造 / 改造 : 新造
クライアント : Maersk Oil North Sea UK Limited
契約形態 : 建造工事(売り切り)
サービス内容 : 設計、資材調達、建造、試運転
引渡し時期 : 2018年6月
生産開始 : 2019年6月
現状 : 引渡済


TOP