FPSO Kakap Natuna

  • FPSO
  • 改造
  • 88 m
  • Other
  • EPCI
  • Lease
FPSO Kakap Natuna

FPSO Kakap Natunaは、インドネシア・ナツナ諸島の北西約280km沖合に位置するKakap KHフィールド開発用のFPSOです。CALM Rigid Yoke(カルム・リジッド・ヨーク)と呼ばれる係留装置で水深88mの地点に係留されています。

本プロジェクトは当社がFPSOコントラクターとして市場に参入するきっかけとなった当社第1号基のFPSOです。

FPSO Kakap Natunaは1986年4月に生産を開始しました。

当社はエンジニアリングから機器購入、建造、据付までの一括工事を完成し、2009年まで本FPSOのリース サービスを提供しました。

名称
FPSO Kakap Natuna
フィールド
Kakap KH フィールド
所在国
インドネシア
新造/改造
改造
水深
88 m (288 ft)
係留設備
CALM Rigid Yoke
貯油能力
760,000 bbls
原油生産量
25,000 bopd
ガス生産量
25 mmscfd
水日産量
60,000 bwpd
クライアント
Marathon Petroleum Indonesia Ltd.
契約形態
建造工事 + リース、その後客先が所有権を取得
サービス内容
設計、資材調達、建造、据付
生産開始
1986年4月
現状
売却済