FPSO Cuulong MV9

  • FPSO
  • 新造
  • 48 m
  • External Turret
  • EPCI
  • Lease
  • O&M
FPSO Cuulong MV9

FPSO Cuulong MV9は、ベトナム・ブンタウ沖約150kmに位置するSu Tu Denフィールド開発用のFPSOです。External Turret(エクスターナル・タレット)と呼ばれる係留装置で水深48mの地点に係留されています。

本FPSOは、モンスーン下での海気象(波高8m、風速28m/s)に耐えられる設計となっています。FPSO上には日産65,000バレル仕様の生産設備の他、ガス圧入装置や海水圧入装置等が搭載されています。

当社はエンジニアリングから機器購入、建造、据付までの一括工事を完成し、本FPSOの5年間(最長10年間の延長オプション付き)のチャーターサービスを提供しました。

本FPSOは2008年10月に客先の買取オプション行使により売却されました。

名称
FPSO Cuulong MV9
フィールド
Su Tu Den フィールド
所在国
ベトナム
新造/改造
新造
水深
48 m (157 ft)
係留設備
SOFEC External Turret
貯油能力
1,000,000 bbls
原油生産量
65,000 bopd
ガス生産量
19.5 mmscfd
水日産量
75,000 bwpd
クライアント
Cuulong Joint Operating Company (CLJOC)
契約形態
建造工事 + チャーター、その後客先が所有権を取得
サービス内容
設計、資材調達、建造、据付、オペレーション&メンテナンス
生産開始
2003年10月
チャーター期間
2003年10月~2008年10月
現状
売却済