ホーム > プロジェクト・実績 > プロジェクト一覧 > Marco Polo TLP


プロジェクト・実績

previous

Marco Polo TLP

引渡済み

Marco Polo TLP

用語解説

Marco Polo TLPは、米国メキシコ湾沖合に位置するMarco Poloフィールド(水深1,311m)に設置されています。設置当時にはTLPの世界最大水深記録を更新しました。

本TLPは、2001年に引渡しを完了したPrince TLP(水深440m)に比べ、水深もさることながら搭載荷重においても約2倍の能力を持ちます。TLPの上部デッキ上には120,000bopdの原油生産能力と400mmscfdのガス生産能力を持つ生産設備が搭載されています。

生産された石油は56kmの海底パイプラインを経由して既存のパイプラインへ送られます。ガスも同様に120kmのパイプラインにて既存のパイプラインへ送られます。

当社はTLP全体のエンジニアリング、機器購入並びに建造工事を請け負いました。

Marco Polo TLPは2004年1月に現地での据付工事を完了し、2004年7月に生産を開始しました。

Unit Name : Marco Polo TLP
海域・フィールド名 : Marco Polo フィールド
所在国 : 米国(メキシコ湾)
水深 : 1,311 m (4,300 ft)
原油生産量 : 120,000 bopd
ガス生産量 : 400 mmscfd
クライアント : Enterprise Products Partners / Helix Energy Solutions
契約形態 : 建造工事(売切り)
サービス内容 : 設計、資材調達、建造
生産開始 : 引渡済
現状 : 2004年7月


TOP