ホーム > プロジェクト・実績 > プロジェクト一覧 > OSX-3 FPSO


プロジェクト・実績

previous

OSX-3 FPSO

引渡済

FPSO_OSX-3

用語解説

OSX-3 FPSO は、ブラジル沖カンポス海盆のBM-C-39ブロックにあるWaikiki Pero Inga(ワイキキ・ペロ・インガ)鉱区の開発用FPSOです。

本プロジェクトは中古VLCCタンカーをFPSOに改造したもので、改造後のFPSOは日量10万バレルの原油生産能力、日量15万バレルの水処理・圧入能力及び約130万バレルの原油貯蔵能力を持ち、合計約60メガワットの発電機を搭載し、SOFEC社が設計するExternal Turret(エクスターナル・タレット)と呼ばれる係留方法で、水深約110mの海上に係留されています。

当社はエンジニアリングから機器購入、建造、据付、コミッショニングまでの一括工事を行いました。

本FPSOは2013年12月に生産を開始しました。

名称 : OSX-3 FPSO
海域・フィールド名 : Waikiki Pero Inga フィールド
所在国 : ブラジル
水深 : 110 m
係留設備 : SOFEC External Turret
貯油能力 : 1,300,000 bbls
原油生産量 : 100,000 bopd
水圧入能力 : 150,000 bwpd
新造/改造 : 改造
クライアント : OSX 3 Leasing B.V.
契約形態 : 建造工事(売切り)
サービス内容 : 設計、資材調達、建造、据付、試運転
生産開始 : 2013年12月
現状 : 引渡済

関連ニュース

2011年7月22日
ブラジルOSX社向けFPSO受注


TOP