FPSO Cidade de Mangaratiba MV24

  • FPSO
  • 改造
  • 2,200 m
  • Spread Mooring
  • EPC
  • Lease
  • O&M
FPSO Cidade de Mangaratiba MV24

FPSO Cidade de Mangaratiba MV24は、リオデジャネイロ沖合南約300kmに位置するIracema Sul(イラセマ・スル、旧Cernambi Sul (セルナンビ・スル))鉱区開発用のFPSOです。

Iracema Sul鉱区は、ペトロブラス社(65%)、BGグループ(25%)、Petrogal Brasil S.A - Galp Energia(10%)の3社コンソーシアムが保有するBM-S-11ブロックに位置する、海底下約5,000mのプレソルト (岩塩層直下の層)にある巨大油田です。本FPSOは、当社にとって9基目のブラジルプロジェクト向けFPSOであり、プレソルト層油田開発用として3基目のFPSOとなります。

本FPSOは中古VLCCタンカーをFPSOに改造したもので、日量15万バレルの原油生産能力、日量280百万立方フィートのガス生産能力及び約160万バレルの原油貯蔵能力を持ち、当社の米国子会社であるSOFEC社が設計するSpread Mooring (スプレッド・ムアリング)と呼ばれる係留方法で、水深約2,200mの海上に係留されています。

当社はエンジニアリングから設計、機器購入、建造までの一括工事を行いました。完成したFPSOは当社の関連会社が保有し、ペトロブラス社に対し20年のチャーター サービス(リース及び運転・保守点検等のオペレーション)を提供しています。

本FPSOは2014年10月中旬に生産を開始し、順調に操業を続けています。

名称
FPSO Cidade de Mangaratiba MV24
フィールド
Iracema Sul(イラセマ・スル)鉱区
所在国
ブラジル
新造/改造
改造
水深
2,200 m
係留設備
SOFEC Spread Mooring
貯油能力
1,600,000 bbls
原油生産量
150,000 bopd
ガス生産量
280 mmscfd
クライアント
Petróleo Brasileiro S.A. (Petrobras)
契約形態
建造工事 + チャーター
サービス内容
設計、資材調達、建造、オペレーション&メンテナンス
生産開始
2014年10月
チャーター期間
20 年
現状
稼働中(当社チャーターサービス提供中)