経営陣が今後の会社運営や方針を決定するにあたり、参考になり気づきを与えるような内容の報告を心がけています。

チャーター・オペレーション

2001年4月入社
新卒採用
津田塾大学 学芸学部 国際関係学科
ブラジル駐在

これまでのキャリア

2001.04 - 2008.08 プロジェクト開発部
  • プロジェクトアカウンティング・アドミニストレーション
2008.09 - 2016.05 シンガポール駐在
  • プロジェクト・コントロール部、EPCI案件コストコントローラー
2016.06 - 2020.06 ブラジル駐在
  • コントロール部、オペレーション&メンテナンス中のブラジルFPSOのコントロール・マネジャー
2020.07 - 現在 ブラジル駐在
  • コントロール部、プレ・オペレーション中FPSOのコントロール・マネジャー

MODECを選んだ理由 実は「モデック」が何をしている会社なのか知りませんでした

大学卒業後1年間を海外で過ごし、帰国後慌てて就職先を探していたところ、同じ大学出身の先輩が在籍している当社に行き着きました。当時の当社名は「株式会社モデック」。正直一体何をしている会社なのか、何も知りませんでした。

しかし調べると、同じ大学の先輩方が多かったこと、また先輩方の勤続年数が比較的長く、会社への満足度も高いというフィードバックを見て、応募を決めました。ちなみに、他社に比べて初任給が高かったというのも、実はきっかけのひとつです。

私の仕事 ブラジルオペレーションの採算管理を担うマネジャー

ブラジルにあるFPSOのオペレーション&メンテナンスを行う子会社で、採算管理を担当するコントロール部に所属しています。採算管理をする対象は、現在ブラジルで操業中のFPSO/FSO, と現在建造中FPSOに加え、ブラジル子会社自体のコーポレート部分、さらにはメキシコ、セネガルに新規設立したオペレーション会社も含み、広範囲に渡ります。

コントロール部の主業務としては、年間予算の策定、毎月見直しをする年間採算予想の精査、それらのマネジメントへの報告があります。会社の数字を扱う部署として、社内の多方面の人間と話をし、情報を集め、より正確で現実的な予算、予想の作成を行い、経営陣が今後の会社運営や方針を決定するにあたり、参考になり気づきを与えるような内容の報告を心がけています。

またコントロール部の組織体制を考えることも重要な仕事のひとつです。コントロール部の人員個々人の強み、弱みを理解した上で、強みを生かし要改善点をどのように直していけるかを随時検討し、チームがクオリティの良い仕事を常に出すのに最適な組織編成・人員配置を随時検討・実行しています。

コントロール部は、8割がブラジル人、残り2割が日本人と他外国人の混成チームです。ブラジル人は陽気でフレンドリーであることは想像通りでしたが、実はとてもシャイ、そして周りの仲間たちを大切にし、誰か困っていたら自然に助けようとするやさしい心を持っています。もちろん個別の個性はそれぞれあるものの、こういったブラジル人共通の特性に私自身が助けられ、ホームカントリーではない土地で彼らと一緒に仕事が出来ているような気がします。

ブラジルに赴任して来ている他の日本人メンバーは、自分に出来ることを自ら探し、見つけ、改善できそうなことがあれば提案をし、アクションをかけていく、積極的な人が多いです。彼らからも良い刺激をもらっています。

やりがい 会社全体を巻き込んでの年間予算策定

現在のポジションで最も苦労する業務のひとつが年間予算策定です。スタートから本社への提出まで3か月かかるそれなりの大仕事で、現在ブラジルで操業中全船のオペレーション予算及び会社のコーポレート予算をまとめなければならないので、会社全体を巻き込んで数字を作っていかなければなりません。大きな流れは、スケジュールを組み、予算テンプレートを作り、説明会を開き、各部署から予算の素案を受け取り、各部署と会議をし、数字を詰め、プレゼンを作り、これを何度か繰り返した上で、マネジメントへのプレゼンテーションをし、承認を得る、という感じです。いくらスケジュールを組んでも、物事が計画通りに進まないのは当たり前に起こるので、何度経験してもこの時期は本当に毎日胃の痛くなるような日々です。

ストレスレベルがどうしても高くなる状況ですが、社内の多方面と話をしないといけない中で、普段やり取りの少ない部署の人々を知ることが出来たり、私が分からない点を質問すると懇切丁寧に説明してくれる人がいたり、「困ったらいつでも声かけて」と言ってくれる人がいたりと、ちょっとうれしいこともぽつぽつあります。

予算策定のみならず、自分が関わる仕事の中で、周りにいる人々と信頼のあるつながりを感じること、小さなやり取りでも「この人の言っていることは信じられる」と感じること、共通のゴールに向かって力を合わせて進んでいると感じられることが、仕事をする上で私のいちばんの喜びであり、さあ私ももっと頑張ろう、というモチベーションになります。ここまでのMODECでのキャリアの中で、折に触れそういった瞬間があったからこそ、チャレンジングな状況も乗り越えられたのかなと思います。

目標 多様性を受け入れ、個々の力が発揮できるような組織マネジメントを学びたい 

組織を預かる役職についているため、組織のマネジメントについて更に学びと経験を深めたいです。

日本人である私が、多国籍のチームメンバーにどのように接するのが良いのか。どのように彼らのモチベーションを高め、個別の力を引き出して行けるのか。

人によりリーダーシップの形は違いますが、私自身のスタイルを確立し、自分自身が上司に支えてもらったように、今度は自分がチームを陰から支え、モチベーションを与えられる人間になることが目標です。

Control Team Lunch

就活中のみなさんへ

もし私が採用する側の人間として応募者の方々と会うとしたら、その人達が専門知識や高い学歴を持っているかどうかは興味がなく、それぞれのこれまでの足跡や興味を知りたいと思います。ここまでどういう人生を歩んで、どんなことに夢中になったのか、どんなことが苦手だったか。将来どんなことをしたくて、どんな人間になりたいと思うのか。格好つけるのではなく、自分自身をありのまま、正直にアピールできる人が魅力的だと思います。

もし当社とのご縁があれば、一緒に仕事ができることを楽しみにしています。