ホーム > プロジェクト・実績 > プロジェクト一覧 > FSO Cidade de Macaé MV15


プロジェクト・実績

previous

FSO Cidade de Macaé MV15

稼働中
(当社チャーターサービス提供中)

MODEC owns & operates

FSO Cidade de Macae MV15

ペトロブラス社が鉱区権を保有するブラジル・カンポス沖の複数の油田(Marlim Sul鉱区、Roncador鉱区、Marlim Leste鉱区)で生産される原油は、海底パイプラインを通じてFSO Cidade de Macaé MV15に集められ一旦貯蔵された後、シャトルタンカーに積み出されます。本FSOはブラジルの資源インフラ設備として重要な役割を担います。

本FSOは日量最大約81万バレルの原油受入能力と215万バレルの貯蔵能力を持ち、External Turret(エクスターナル・タレット)と呼ばれる係留方法で水深約95mの地点に係留されています。

当社はエンジニアリングから設計、機器購入、建造、据付までの一括工事と、本FSOの20年間のチャーターサービスを提供しています。

FSO Cidade de Macaé MV15は2007年11月に生産を開始し、順調に操業を続けています。

名称 : FSO Cidade de Macaé MV15
海域・フィールド名 : Marlim Sul, Roncador and Marlim Leste フィールド
所在国 : ブラジル
水深 : 95 m (311 ft)
係留設備 : SOFEC External Turret
貯油能力 : 2,150,000 bbls
原油受入能力 : 818,000 bopd Inlet
新造/改造 : 改造
クライアント : Petróleo Brasileiro S.A. (Petrobras)
契約形態 : 建造工事 + チャーター
サービス内容 : 設計、資材調達、建造、据付、試運転、オペレーション&メンテナンス
生産開始 : 2007年11月
チャーター期間 : 20年
現状 : 稼動中(当社チャーターサービス提供中)


TOP